​診療内容

当院で行っている口腔がん検診とスポーツ外傷の予防のためのマウスガードをご紹介します。

口腔がん検診についてはあらかじめご予約が必要となります。事前にお問い合わせください。

医師による紹介状をお持ちの方は、受付へお渡ししてください。

ピペッティングサンプル試験管

01

検査企業(株式会社サンリツ)との協力により、最短の日数で細胞診を行うことが可能となりました。それにより悪性腫瘍の早期発見につながります。

オリンパス社製内視鏡検査を同時に実施することで、より高い精度で診断することができます。

 

受診後に悪性腫瘍が発見された場合、専門性の高い治療が早期に受けることができるよう、大学病院へご紹介いたします。

治療前後の口腔ケアも、がん歯科医療連携登録医として当院で責任を持ち診療いたします。

マウスガード.jpg

02

スポーツ時に起こりうるケガによる頭部への負担を軽減し、脳震盪を予防するマウスガードを作成します。

近年では柔道やラグビーなどのコンタクトスポーツ、あるいは学童期のサッカーにおいてマウスガードが推奨されています。

 

脳への外力は若年時よりその変化が蓄積し、脳へ負担がかかっていることがわかってきました。

口の周りの外傷の予防としてだけでなく、大切な脳への負担を軽減する役目のあるこの装置をぜひご利用ください。

酸素機器のメンテナンス

03

大多喜町や近隣市町村では高齢化が進み、それにともない様々な病気を抱えている方々が来院されます。

歯科治療は日常の診療の中で局所麻酔を行ったり切開や抜歯を行うなど体に負担のかかる治療が多いです。

そのため少しでも体にかかる負担を軽くして、より安全に治療が行えるよう専門医による静脈内麻酔鎮静法や笑気吸入鎮静法を導入しております。

麻酔の計画を作るため、事前にかかりつけ医との協議や術前検査が必要になります。決して安易に考えず、麻酔をかけるべきかどうか当院の判断に従って下さい。