​診療科のご案内

血液pressueを撮ります

一般歯科、歯科口腔外科、有病者歯科治療を専門に行っております

より専門性の高い治療につきましては、大学附属病院や鶴舞循環器病センターと共同で診療しております。

治療の必要性に応じて、専門医による静脈内麻酔鎮静法や笑気ガス鎮静法を併用することがあります。

歯科治療といっても少なからず全身への負担がかかります。

現在病院へ通院加療中の方や長期にわたる薬物治療中の方は、診療の前にご申告してください。

治療の緊急性に応じて予約の順番が変わることがあります。ご理解ください。

            初診の方へ

 

保険証を受付窓口へお渡しください。

はじめて受診される方には診療を進めるうえで大事な全身の状態をお伺いします。

ほかに通院している医師からの診療情報提供書をお持ちの方は、はじめに受付に渡してください。

​お薬手帳や薬の文章をお持ちの方は、受付に渡してください。

救いの手
            歯科口腔外科

 

親知らずの抜歯や矯正治療前の永久歯の抜歯などを行います。また近年増えている顎関節症の治療も行っております。

治療の安全を期すため、より高度な治療を行う必要性がある場合には、大学病院あるいは鶴舞循環器病センターへご紹介する場合がございます。

救いの手
         有病者歯科治療

 

大多喜町や近隣市町村では地域住民の高齢化が進み、それによりさまざまな基礎疾患をお持ちの方が受診されるようになりました。そういった方々の身体の特徴やご病気の状態を配慮し、最善の治療ができるよう大学病院と同等の診断とご配慮を提供いたします。

救いの手